☆雪道☆

ドライブマナーと旅page

☆雪道の走り方☆


雪道のドライブ

  北海道や東北地方、北陸地方などの雪の多い地方の方は雪道のドライブは、

 慣れていると思いますが、首都圏などで雪が降って道路に積もるような事に

 なれば大変です。ドライバーは雪道に不慣れで、さらに雪に対して準備、対策を

 していませんから、スリップ事故が

 多発してしまいます。

 ここでは、雪道で困らないように

 準備と対策の仕方、また、雪道の

 走り方などをアドバイスします。

 冬季の温泉地へのドライブや、

 スキーに行かれる時、また首都圏

 などで突然の大雪に見舞われたときの参考にして頂ければと思います。

 「準備と対策」

 ●点検・整備

 雪国での気温はクルマにとって非常に厳しいものです。
 首都圏を走っていて普段は調子のいい車でも、雪国に行くと、バッテリーの能力が

 低下して、朝エンジンがかからなかったり、冷却水が凍結してラジエーターが
 破損したりする時もあります。

 このようなトラブルに遭わないために、整備工場で寒冷地対策の点検、整備をして
 おくと安心です。主にタイヤ、バッテリー、ラジエーター、ウォッシャ−液、ワイパー
 など。

 ●滑り止め
滑り止めにはスタッドレスタイヤと、タイヤチェーンがあります
が、出来れば併用することをお勧めします。

雪の多いところではスタッドレスタイヤも役に立たない
場合があるので、タイヤチェーンは必携です。

 またタイヤチェーンは出かける前に装着の練習をして
 おきましょう。 練習することで不具合なども事前にわかるし、雪道の実際の場面

 での装着はスムーズになるはずです。

 ●持っていくと役に立つもの

 スコップ〜深い雪にタイヤがハマって、クルマが動けなくなったときなどに役に
        立ちます。

 砂袋〜坂道で滑って上れない時などに、道路に砂をまくと上れる事がある。

 毛布〜思わぬトラブルに遭って、クルマの中に缶詰なんてこともあるかもしれません。

      エンジンが止まってしまったら、防寒具になります。また、クルマが雪道で

      はまった時に下に敷いて滑り止めにも使えます。

 ブースターケーブル〜バッテリーがあがった場合の応急処置に必要です。

 牽引ロープ〜脱輪やスタックした時に、他のクルマに引っ張ってもらうために、
          あると重宝します。

 アイスクレーバー 車に積もった雪を取り除くために使います。

 他に軍手、ゴム手袋、長靴、懐中電灯、針金、ガムテープ、カイロなど。

 「雪道走行時の注意」

車間距離を十分とる

 雪道を走る基本として、まずは
 車間距離を十分にとる事です。

 車間距離を十分にとる事で、路面
 の状況を把握したり、次の対応に

 時間的余裕が出来ます。

 ●急の付く動作はしない
 雪道では急発進、急ブレーキ、
 急ハンドルは厳禁です。


 ●路面の状況を判断する

 路面の状況は刻々と変化します。アイスバーン、シャーベッド、圧雪、路面凍結など、

 それぞれ違う性質を持っています。しかしこれらを把握して的確に運転出来るように

 なるには、経験が必要です。実際に体験して判断することです。

 ただ、どんな状況でも雪道は滑りやすいという事です。

 ●わだちのある道路に注意する

 雪道を走ることに慣れていないドライバーは、わだちにハマるとなんとか脱出しようと、
 あわててハンドルを右に左にと切ってしまいがちですが、かえって危険です。

 わだちにハマった場合は、ハンドルを取られても逆らわないで、わだちに沿って、
 ハンドルは軽く握って走りましょう。

 ●道路の端は走らない

 郊外などでは、道路が雪で覆われてしまうと、端の境界が分からなくなって

 しまいます。そのためにポールが立てられているので、それを目印にしてあまり

 端の方は走らないようにしましょう。

 ●建物や山の影になっている所は要注意

 天気が良くて日が当たってる所は雪が無くても、影になってる所は雪が融けずに

 残っていたり、踏み固められて凍結路になってる時があるので注意が必要です。

 道路の影の部分を見つけたら、スピードを十分落として進入するようにしましょう。

 ●降雪時はヘッドライトを点灯する

 雪が強く降っている時や、吹雪の時は視界が悪くなります。

 こんな時は、スピードを落として、昼間でも自分の位置を知らせるために、

 ヘッドライトを点けて走りましょう。

 ●雪道の下り坂に注意する

 下り坂は惰性がついてスピードが出やすくなるので、注意が必要です。

 特に坂の途中や下りきった所に、交差点や信号がある場合には、止まれなくなる

 恐れがあるので、坂の手前からスピードを十分に落として、慎重に下りましょう。

 ●4WD,ABSなどを過信しない

 雪道の走行では4WDやABSは、抜群の性能を発揮しますが、これらを過信して

 無理な運転はやめましょう。

 ●降雪時走行中のクルマに積もった雪は落とす

 走行中に雪が降っていると、フロント周辺に付着してワイパーの動きが悪くなったり、

 ヘッドライトやウインカーなどが見えにくくなったりしてきます。

 雪が積もってきたらクルマを安全な場所に止めて取り除きましょう。

 ●自分のクルマの駆動方式の特性を知る

 4WD車・・・発進するときや坂を登る時などは、抜群の性能を発揮しますが、
        ブレ−キング時やコーナーリング時の性能は、他の駆動方式のクルマ
        より優れている訳ではないので、注意しましょう。

 FF 車・・・前輪駆動のため下り坂のエンジンブレーキには、注意が必要です。
        特にコーナーリングではスピンしやすくなります。

 FR 車・・・駆動輪に荷重がかかっていないために、滑りやすくなります。トランクに
        砂袋などを積んで、ウエイトをかければ、少しは走りやすくなりますが、
        雪道にはあまり向いていません。

 「駐車するときの注意」

 ●駐車する時はクルマの後部を風上にする

 夜間など長い時間駐車する時は、クルマの後部を風上にして止めましょう。

 これは、クルマのバッテリーやラジエーターを風雪から守るために有効です。

 ●ワイパーを立てておく

 ワイパーをそのままにしておくと、凍ってウィンドウに貼り付いてゴムが取れて

 しまったり、雪の重みで曲がったりします。

 そんなことを回避するために、ワイパーは立てておきましょう。

 ●サイドブレーキは使わない

 サイドブレーキをかけたままにしておくと、凍り付いてしまう恐れがあります。

 駐車する時はクルマ止めをして、オートマチック車はパーキングに、マニュアル車は

 ローかバックに入れておきましょう。

 ●エンジンやラジエーターにカバーをかける

 気温が非常に低いと、バッテリーの能力が低下したり、ラジエーターの水が凍結
 する場合があります。そんなトラブルを防ぐために、フロントグリルやエンジンを

 毛布やダンボールなどでカバーしておきましょう。また、フロントガラスも同じように
 カバーしておくと後で楽です。

 ●建物の側に駐車しない

 建物の側に駐車すると、屋根に積もった雪が落ちてきてクルマが埋もれて

 しまったりする危険性があります。そうなるとクルマを出すのに大変な思いをする

 事になるので、なるべく建物の側は避けて、離れて駐車するようにしましょう。

 ●鍵穴の凍結に注意

 クルマの鍵穴に水分が入ると、凍結してキーが刺さらなくなります。凍結防止剤を

 スプレーするか、まだ濡れてないうちに粘着テープなどで塞いでおくと良いでしょう。

 ●車中仮眠はエンジンを切って

 エンジンをかけたままでの車中仮眠は、騒音公害にもなるし、一酸化炭素中毒の

 危険性もあります。車中での仮眠は寒さ対策をしっかりとして、エンジンを切って

 ください。

 「その他」

 ●ディーゼル車の燃料

 寒冷地以外で販売している軽油は、−10℃以下になると凍結する可能性があり

 ます。寒冷地に行くときは、現地に着くまでに残量を半分以下にしておいて、

 現地に着いたら出来るだけ早く寒冷地用燃料を補給してください。

 ●ドアの凍結時の処置

 ドアが凍結した場合は、無理に開けようとすると、ドア回りのゴムがはがれたり、

 破損したりする恐れがあります。ドアが凍結したら、お湯をかけて溶かしてください。

 ●乗車時、靴に付着した雪をよく落とす

 靴に付着した雪がブレーキペダルやアクセルペダルに付くと、滑って非常に危険

 です。乗車時によく落としてください。

 ●雪道を走った後は洗車をする

 雪道には融雪剤(塩化カルシウム)が撒かれています。この融雪剤は塩分が

 強いので、クルマに付着したままにしておくと、ボディが錆びてしまいます。

 雪道を走った後はボディと下回りをスプレーガンで洗い流しておきましょう。

 ◎たぶん北海道に住んでいると思われるノダノフさんから投稿をご紹介します。
 以下全文
 《北海道の冬道について》

 1、交差点は端に寄る事
 車線の中央付近はツルツルです。ABSがあっても、時速4kmでも、止まれません。
 実際、北海道の死亡事故率は冬には低下しますが、事故件数は増加します。
 その対応としては、交差点では端によって下さい。ザラザラ面が残ってますので
 停止できます。

 2、冬の洗車は禁止
 ドアが凍って開きません。鍵穴だけではありません。最高気温が氷点下の地域に
 いる事を忘れないで下さい。高速道路は凍結防止剤(塩)だらけなので洗車したい
 のですが、凍結防止の観点からやめた方がいいです。

 3、ハザードを付ける勇気を持ってください
 北海道民からすると「冬道は滑るのが当たり前」と考えて運転してますので、
 速度が違います。道外からいらしゃる方は、後ろに気を付けて、早めのハザードを
 出し譲る方が賢明です。



 
ドライブプランを立てる
ドライブ前の点検・整備
高速道路の走り方
サービスエリアとパーキングエリア
雨の日のドライブ
道の駅
雪道のドライブ
快適なカーライフのために
一般道路の迷惑行為
運転マナーを良くする
クルマのトラブル
対処法
クルマの安全装置
任意保険の入り方

気軽にドライブ!関東周辺
家族で遊べるスポットを紹介
神奈川県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
千葉県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
埼玉県
遊園地
動物園
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
茨城県
遊園地
テーマパーク
水族館
公園
見学&体験
栃木県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
アウトドア
群馬県
遊園地
テーマパーク
動物園
見学&体験
アウトドア
静岡県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
山梨県
遊園地
見学&体験
福島県
日帰り温泉


Copyright (C) ドライブマナーと旅page All Rights Reserved