☆マナー☆

ドライブマナーと旅page

☆運転マナー☆


運転マナーを良くする

  ここでは、自動車を運転していて、マナーとはどういう事か、また運転マナー

 良くするにはどうすればいいかを紹介します。

 日本で自動車を運転して道路を

 走るには、道路交通法という

 ルールを遵守しなければ

 なりません。しかし、それを守って

 いればすべて良いのかというと、

 必ずしもそうではありません。

 自動車を動かしているのはそれぞ

 意思をもった人間であり、そこには

 当然、意思表示や意思の伝達というものが欠かせません。そこで必要になるのが、

 お互い譲り合う気持ちや相手を思いやる心であり、それが運転マナーにつながる

 のです。過去にドライバー同士が、運転マナーの事で感情的になり、トラブルに

 なった例がありますが、運転中他のドライバーに不快感を与えるようでは

 いけません。クルマが円滑に道路を往来するためのマナーは重要であり、

 無視する事は出来ません。


 合図をするタイミング

 右左折のときや、進路変更、また道路わきに停止するときの合図が遅いなどの
 不適切な事が多くあります。

 ●右折の場合、交差点の信号が
 赤で停止している時に、右に寄って

 いるだけでウインカーを上げない。
 そして信号が青に変わってから、

 または動き出してからウインカーを
 上げる。

 ●左折も同じ青に変わって動き
 出してからウインカーを上げる。

 ●普通に走っている状態から、
 急にノロノロ運転になりクルマが

 止まるまでウインカーやハザードで合図をしない。

 上記のようなクルマの後ろについてしまうと、必要以上に前のクルマの動きに
 惑わされて、不愉快になります。

 運転免許を持ってる人なら誰でも、合図の仕方は分かっているはずです。合図とは
 自分のクルマの動きを、予め他のクルマや歩行者に知らせることが目的です。

 合図は分かりやすく早めに、正しく表示するのが運転マナーの一つです。

 信号が黄色になったとき(右折の矢印が無い交差点)

直進中に交差点の手前で、信号が青から黄色に変わると、急いで通過
しようとアクセルを踏むドライバーがいます。しかしこの時に、対向車線で

右折のために待っていたクルマは黄色でも右折できずに、赤で右折
せざるを得なくなります。

さらに右折できる台数も限定されてしまいます。このような右折車に配慮
 して、信号が黄色になったら速やかに止まるように心がけるのも運転マナーを

 良くすることです。スピードが出てるとなかなか止まれないものです。
 スピードは控えめに信号が黄色になったらいつでも止まれるように、余裕を持って
 運転しましょう。

 狭い道でのすれ違い

 すれ違うのに困るような狭い道で対向車が来た場合、相手が待ってくれるのを
 期待して前進すると、その先にすれ違える場所が無くて、どちらかがバックする

 ような事もあります。後続車がある場合はバックするのも大変です。
 このような狭い道では対向車を見たら、自分から先に広い場所で待つように

 しましょう。また、対向車が自分より早く待ってくれるようであれば、速やかに前進
 してすれ違う時にお礼の挨拶をしましょう。挨拶は男性なら軽く手を上げる、女性は

 軽くお辞儀をするのがベストです。また逆に挨拶をされたときは、返すのもマナー
 です。挨拶した方も返してもらうと気分がいいものです。

 踏み切りや信号待ちでのヘッドライト

ヘッドライトは対向車や前を走るクルマがある場合は、
下向き(ロービーム)にして走らなければなりません。ところが

踏み切りは、線路が道路より高くなって、少し上り坂になってる
所があり、ロービームでも対向車を眩しくさせてしまいます。

 このような踏み切りの電車の通過待ちでは、ヘッドライトを消して車幅灯で待つのが、
 良い運転マナーと言えるでしょう。また同じように対向車を、眩しくさせてしまうような
 交差点の信号待ちでも、同様にしましょう。

 右側車線の走り方

 片側二車線の道路で、右側の車線をゆっくり走るクルマがありますが、車の流れを
 乱すようではいけません。ゆっくり走りたいときは、左側の車線を走って右側の車線は
 後続車に譲りましょう。

 早朝や夕方の点灯

 早朝や夕方の薄暗い時間帯は、交通事故が多い危険な時間帯でもあります。
 周りが暗いにもかかわらず、点灯しないで走るのは危険です。自分は見えていても、

 他のクルマのドライバーが見落として、事故になる危険性があります。
 しっかりと自分の存在を知らせるために点灯して走りましょう。

 ウィンドウの黒いフィルム

 運転席側や助手席側のウィンドウに、着色フィルムを貼ることは禁じられています。
 貼ったクルマは不正改造となるばかりか、周りの状況が見えにくくなったり、他の

 ドライバーや歩行者とのコミュニケーションがとれなくなって、非常に危険です。
 絶対に止めましょう。

 駐車場でのマナー

 大型の駐車場では、駐車スペースをはみ出してたり、左右に寄り過ぎたり、
 ひどいのになると通路に止めてしまうようなマナーの悪いドライバーもいます。

 また健常者が障害者用スペースに止めるのもいけません。駐車場は多くの方が
 利用するので、他の方へ迷惑をかけないように利用しましょう。

 ドライバー同士のコミュニケーション

 クルマを運転して道路をスムーズに走るためには、ドライバー同士の
 コミュニケーションは必要不可欠です。相手を不愉快にさせないような
 コミュニケーションをとる事を心がけましょう。




 
ドライブプランを立てる
ドライブ前の点検・整備
高速道路の走り方
サービスエリアとパーキングエリア
雨の日のドライブ
道の駅
雪道のドライブ
快適なカーライフのために
一般道路の迷惑行為
運転マナーを良くする
クルマのトラブル
対処法
クルマの安全装置
任意保険の入り方

気軽にドライブ!関東周辺
家族で遊べるスポットを紹介
神奈川県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
千葉県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
埼玉県
遊園地
動物園
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
茨城県
遊園地
テーマパーク
水族館
公園
見学&体験
栃木県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
アウトドア
群馬県
遊園地
テーマパーク
動物園
見学&体験
アウトドア
静岡県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
山梨県
遊園地
見学&体験
福島県
日帰り温泉




Copyright (C) ドライブマナーと旅page All Rights Reserved