☆高速道路☆

ドライブマナーと旅page ☆高速道路の走り方☆

高速道路の走り方

  高速道路はその名の通り、車が高速で行き交う道路です。

 高速で走っている分、ドライバーの一瞬の判断ミスや不注意が、思わぬ大事故に

 つながる事もあります。高速道路では交通ルールを守るのはもちろんのこと、より

 いっそうの慎重な運転が求められます。

 出発前の準備と点検

 高速道路で意外と多いのが

 燃料切れによるトラブルですが、

 高速道路で停止するのは、非常に

 危険です。出発前には

 燃料はもちろんのこと、

 その他に冷却水(ラジエーター)、

 エンジンオイル、タイヤの空気圧などは十分に点検しましょう。また、故障など

 万が一のために、備えつきの発煙筒の確認と、三角表示板などを準備しておき

 ましょう。

 高速道路の入り方

 高速道路に入るのはそう難しくはありません。(都市高速道路は別)

 高速道路に入る時は、本線車道を走る車に速度を合わせる必要があります。

 加速車線を有効に使い、速度を80km〜100km位まで加速して、

 バックミラーやサイドミラーで、後方をよく確認して入りましょう。

 制限速度を守りましょう

 速度規制がなければ、普通車は100キロまでスピードを出せますが、

 高速道路では気象条件など自然現象や道路工事、また事故などにより

 最高速度が規制される場合があります。

 道路標識に注意して、その時の状況に合った安全な速度で走行しましょう。

 車間距離を十分にとる

 追突事故を防ぐためにも、十分な車間距離をとりましょう。路面が乾いていてタイヤ

 が新しい場合は、時速100キロで100メートル、時速80キロで80メートルの

 車間距離が必要になります。また、雨で路面が濡れていたり、タイヤが磨り減って

 たりする時は、これ以上2倍程度の車間距離が必要とされます。

 注意しなければならないのは、高速道路をしばらく走っているとそのスピードに慣れ

 てしまって、時速100キロで走っていても、一般道路を時速60キロで走っている

 ような感覚になってしまいます。これが車間距離のとり方にまで影響してしまいます。

 まめにスピードメーターをチェックしながら意識して走りましょう。

 無理な割り込みをしない

 無理に進路を変更して後続車の直前に割り込むと、後続車が急ハンドルを切った

 り、急ブレーキをかけなければならなくなり、重大事故を引き起こす原因になります。

 進路変更はバックミラーなどで後方の安全を十分確認してから行うようにしましょう。

 追い越し車線は「追越をする車のために」空けておく

 初心者が上手く追い越し出来ない原因は、先行車に近づき過ぎるからです。

 これでは十分な追い越し加速が出来ないため、もたついてしまいます。先行車が

 遅いなと感じたら、後方を確認してすぐに追い越しを決断しなければなりません。

 もし、追い越し車線が混んでいたり、飛ばしてくるクルマがいるようならば、いったん

 速度を落として車間距離を維持します。この車間距離が、追い越しの加速のための

 重要な距離なのです。

 追い越し車線は、追越をするときやその他のやむを得ない事情があるときなど、

 限られた場合に通行できるものです。追い越しが終わったら、速やかに走行車線に

 戻らなければなりません。走行車線に戻れるにもかかわらず、追い越し車線を

 走り続ける事はやめましょう。

 路肩を走行しない

 路肩はクルマが故障した時などに

 やむを得ず一時停止したり、

 緊急時の警察車両や救急車などが

 渋滞などで、やむを得ず走行する

 ことがあります。

 一般車が路肩を走っていると、

 これらの緊急自動車の走行の

 妨げになりますので、路肩の走行はやめましょう。

 渋滞最後尾のハザードランプ

 高速道路での渋滞は、追突事故が発生しやすくなります。前方で渋滞していて

 速度を落とす場合や、停止するときは、ハザードランプを点灯して後続車に知らせ

 ましょう。

 横風、突風に注意

 高速道路では、トンネルの出口、山間部に架けられた橋の上、海岸沿いの橋の上、

 切り通しの終点などは、強風や突風の吹きやすい場所があります。

 それまで快適に走っていたのが、突然横から圧力がかかりクルマがぐらつくと、一瞬

 急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ってしまいます。風によるクルマの事故は

 この瞬間が最も多いとされています。しかし、台風や竜巻以外の風で、クルマが

 飛ばされるような事はありません。風を受けた後のドライバーの運転が原因で、

 引き起こされているのです。対処するのは特別な運転技術ではありません。

 普段の安全運転で、ちょっとスピードを落として、急ブレーキや急ハンドルはしない

 ようにすればいいのです。パニックにならないように、早めに道路状況を把握して、

 そのポイントにさしかかったら、心の準備をしておきましょう。

 首都高速

 首都高速は、高速道路とは言えないような急カーブが多く、出入り口が複雑で、

 さらに合流地点の多さなど危険な箇所がたくさんあります。

 それなりの知識が無いと、利用するのは難しいでしょう。しかし、うまく利用すれば

 とても便利な道路である事は間違いありません。活用するためには、首都高速の

 道路地図を、ある程度頭に入れておく必要があります。

 それによって一日中流される交通情報も理解できて、走り方にも余裕が出来て、

 うまく利用できるようになります。

 ※首都高速は都市高速道路であり、都市間高速道路(東日本高速道路・中日本高

  速道路・西日本高速道路管理の高速自動車国道など)とは性格が異なるため、

  多くの区間では60km以下の速度規制になっています。

  また、首都高速では走行車線・追い越し車線という概念はありません。

 高速道路の豆知識

 インターチェンジ(IC)

 インターチェンジとは、高速道路(高速自動車国道と自動車専用道路)や

 有料道路のように他の道路と区分された閉鎖的な道路区間と、他の道路との、

 出入りのための地点、施設をいいます。

 特に高速道路の出入り口のことをいいます。

 ジャンクション(JCT)

 高速道路を相互に3方向以上に連結する場合を、特にジャンクション(JCT)と

 呼ばれますが、明確な区別はありません。

 ランプ(ramp)

 ランプとは、高速道路の本線車道への流入や流出のための、取付道路の

 ことです。元の意味は傾斜路です。

 ※都市高速道路の場合は、インターチェンジ全体をランプと呼び、ジャンクションを

  インターチェンジと呼ぶこともあります。

 
ドライブプランを立てる
ドライブ前の点検・整備
高速道路の走り方
サービスエリアとパーキングエリア
雨の日のドライブ
道の駅
雪道のドライブ
快適なカーライフのために
一般道路の迷惑行為
運転マナーを良くする
クルマのトラブル
対処法
クルマの安全装置
任意保険の入り方

気軽にドライブ!関東周辺
家族で遊べるスポットを紹介
神奈川県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
千葉県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
埼玉県
遊園地
動物園
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
茨城県
遊園地
テーマパーク
水族館
公園
見学&体験
栃木県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
アウトドア
群馬県
遊園地
テーマパーク
動物園
見学&体験
アウトドア
静岡県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
山梨県
遊園地
見学&体験
福島県
日帰り温泉



Copyright (C) ドライブマナーと旅page All Rights Reserved