☆任意保険☆

ドライブマナーと旅page

☆任意保険☆


任意保険の入り方

  自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。

 自賠責保険は、万が一事故の当事者になってしまった場合、最低限の救済をする

 目的で、強制的に加入させられます。その補償額も範囲も最低限で、賠償額が

 上昇している昨今では、自賠責保険では全額補償される事は、まず無いと言って

 いいでしょう。しかも、自賠責保険は物損事故では適用されないため、必然的に

 自己負担になってしまいます。高額な賠償を請求されたときには、多額の借金を

 背負う事になりかねません。そういう事から、任意保険に入らないと、安心できない

 という事になります。


 任意保険の種類

 自動車保険は、クルマの販売店が保険の代理店になっているケースが多いので、

 ユーザーがあまり保険に詳しくなくても、販売員のアドバイスなどで、自分に適した

 保険を選択する事ができます。それに対して、ダイレクト保険というものがあります。

 これはユーザーが代理店を通さずに、直接保険会社に申し込むタイプの保険です。

 申し込む方法は、電話、インターネット、メールオーダーなどで、この方法では

 ユーザーは自分で保険の仕組みや補償内容を理解しなければなりません。

 任意保険を選ぶ場合に、価格に重点を置いてしまい、いざ事故の当事者になった

 時に、補償が不十分で落胆するようでは何のために保険に加入しているのか

 分かりません。各保険会社では、お勧めのプランを用意しているので、それを選択

 するのもいいでしょう。しかし、無駄なものが付いていたり、逆に付けておきたい

 特約が、付いていなかったりする事も多いので、自分で無駄が無く満足の行くプラン

 が立てられるように、必要最低限の知識は身に付けておきましょう。

 項目の意味を理解する

 @対人賠償

  他人(相手が歩行中、運転中、乗車中、いずれの場合も)をケガさせてしまった
  場合、または死亡してしまった場合に支払われる。

 A対物賠償

  他人の物を壊してしまった場合に支払われる。もちろん、トラックの積荷等も対象に
  なるため、思わぬ高額になるケースもある。

 B搭乗者傷害

  契約車両に乗車しているドライバーを含むすべての人が、自動車事故によって
  ケガ、または死亡した場合に支払われる。これはクルマにかかる保険である。

 C人身傷害

  自分が自動車事故でケガ、または死亡した場合に支払われる。自動車事故で
  あれば、歩行中でも、他のどのクルマに乗っていようとも支払われる。これは
  契約者にかかる保険である。

 D無保険車傷害

  自動車事故で、相手の保険の補償内容が不十分で、契約車両に乗車中の人が
  ケガ、または死亡した時に、賠償が不足した場合、金額を補填する形で
  支払われる。

  また、相手に当て逃げされた場合も該当する。さらに、契約者と同居の家族に
  対しては、契約車両以外のクルマに乗っていた場合や、歩行中の自動車事故も
  対象になる。

 E車両保険

  事故などで契約車両が壊れたり、キズが付いたりした場合に、修理費用を補うた
  めの保険です。「一般」と「車対車+A」があり、適用範囲は大きく違い、保険金額も
  大きく違う。

 Fロードアシスタンスサービス

  自動車保険に加入すると、無料で付帯する事が多いサービス。多くの場合は、
  外出先で契約車両が故障してしまった場合に、レッカー移動や応急修理を無料で
  受けられる。

 押さえておきたいポイント

 @車両保険は最高額に設定したい

  最近のクルマは安全ボディを採用しているのが多い、そのために事故に遭った
  場合の修理費用は、高額になる場合があります。

  車両保険は最高額に設定しましょう。新車の場合は、無理してでも車両保険には
  入りましょう。それも「一般車両」にすることです。自損事故の場合、
  「車対車+A」では補償されません。

 A車両保険は特約を利用する

  せっかく車両保険に入っていても、事故を起こしてクルマが全損しても、保険金と
  新車の購入代金に差があり、買い換える事が出来ないことがあります。

  かといって修理するのも嫌なものです。そういう時のために「新車特約」というのが
  あります。修理費用が新価の50%を超える場合、新車の購入費用を負担して
  くれます。

 B対物賠償も無制限に

  対人賠償は無制限でも、対物は無制限にしていない人がいますが、物損事故でも
  トラックの積荷が高価なものであったり、事故によっては損害賠償がものすごい
  額になることもあります。対物賠償も無制限にしておけば安心です。

 C対物超過特約を付ける

  自動車事故で相手のクルマが古いと、その評価額は極めて低い、しかし修理代は
  クルマが古くても、ある程度高額になってしまう事があります。

  すると保険金だけでは相手のクルマの修理費用をまかなえず、自己負担になって
  しまいます。

  そこで評価額と、実際の修理費の差額を補填してくれる「対物超過特約」を付けて
  おきましょう。ただし、限度額はあります。

 D搭乗者傷害は絶対に付けたい

  これは契約車両に乗車しているすべての人が対象になるので、是非付けておきた

  い項目です。友人や家族を乗せても安心です。また自営業など、休むと直接減収に

  なるような職業なら、なおさらです。保険料は割高になりますが、入院や通院の
  日数に応じて保険金が支払われるため、収入が減った分の補填が出来ます。

 E余裕があれば人身障害も

  契約者がどのクルマを乗っていても、歩行中でも適用される。
  複数台のクルマを所有していても、一台のみの契約でOKです。


 
ドライブプランを立てる
ドライブ前の点検・整備
高速道路の走り方
サービスエリアとパーキングエリア
雨の日のドライブ
道の駅
雪道のドライブ
快適なカーライフのために
一般道路の迷惑行為
運転マナーを良くする
クルマのトラブル
対処法
クルマの安全装置
任意保険の入り方

気軽にドライブ!関東周辺
家族で遊べるスポットを紹介
神奈川県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
千葉県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
埼玉県
遊園地
動物園
公園
日帰り温泉
見学&体験
アウトドア
茨城県
遊園地
テーマパーク
水族館
公園
見学&体験
栃木県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
アウトドア
群馬県
遊園地
テーマパーク
動物園
見学&体験
アウトドア
静岡県
遊園地
テーマパーク
動物園
水族館
山梨県
遊園地
見学&体験
福島県
日帰り温泉


Copyright (C) ドライブマナーと旅page All Rights Reserved